ボディリサーチ

帯広のカイロプラクティック|ボディリサーチ

カイロプラクティックとは

東洋、西洋医学又整体ではなく、カイロプラクティックだけの理論に基づいた人体の構造と機能=脊柱の関節構造体や筋肉の機能障害が神経に及ぼす影響に着目しています。
病気と健康を研究する・アメリカで生まれた「薬もメス」も使わないもっとも安全なアプローチです。

カラダの機能は全て脳と脊髄、抹消までつながる神経で成り立っています。その全ての神経のネットワークに問題(配線不良)が起きていないかを調べ、補佐、回復させることが目的です。

カイロプラクティックの利点!

赤ちゃん~高齢者まで受けれること
症状の根本の問題を見つけ出し痛みや症状だけでなく、受け続けることが、あなたのカラダの多くの健康状態を上げていくことになります。

カイロプラクティックの生命哲学 3つの目的
・症状の回復(コンディション・ケア)
・カラダをベストな状態(ヘルス・ケア)
・病気の予防(ウエルネス・ケア)
より良いライフ生活を提供でき、もっと最適な健康維持ができます。

サブラクセーション

サブラクセーションとは?

サブラクセーションは医学的に「亜脱臼」訳されてますが、カイロプラクティックのサブラクセーションは、内因性や外因性の要因の複合的な機能障害「神経圧迫」とされ、関節構造の接触が不完全な分離した状態、生理学関係の変調などによるものです。
カラダが重力に受けるバランスの問題や長い期間の機能不全で起こり始める対抗変性での神経が干渉が起こしている状態のことです(別名サイレントキラー)。
干渉が起き始めると痛みの症状や痺れ、違和感はもちろん、あなたのカラダの能力、免疫力を下げる状態になることや自分の細胞にダメージを与えます。皆さんが体に違和感がでて首や腰を動かしたくなった状態が、既にサブラクセーション=神経干渉なのです。
これが、病院でも解らない、あなたの問題(症状や痛み)をひき起こしているのです。

カイロプラクティックの歴史

DDパーマ氏1845~1913

カイロプラクティクの生みの親は19世紀・当時磁気治療院DDパーマ氏(創設者)により同じビル内の清掃をしていたハービーリラード氏の16年、耳の聞こえが悪かった背中の突起部を押し戻して聴力を回復させたことから、背骨と神経がカラダの機能的問題を起こすと考えたのが研究の始まりでした。
これが、まさにカイロプラクティックの始まり、誕生(1895.9.18)です。

カイロプラクティックの名前の由来友人のサムエル・ウイ-ド氏にカイロ Chier=hand「手」 praktikos=done「なされた」
手によってなされる意味で1896.1.14命名されました。

BJパーマ氏1822~1961

その後、 息子のBJパーマ氏(発展者)により更なる研究が重ねられ、理論~技術、そして科学的な発展を遂げました。
温度測定器、Xray,
上部頚椎(頚の1番目)多くの感覚受容器があること発見 神経圧迫の仮設

宇宙の力=ユニバーサルインテリジェンス 物質的存在の力を表現
人間の法則=イネイトインテリジェンス
カイロプラクティックの哲学論を創り上げ65年費やした人物でした。

予約の詳細はこちら

診療時間

  • ※月曜日・金曜日は休診日
  • ※セミナーでお休みすることがございますので、スケジュールをご確認下さい。
アクセスマップの詳細